猫背 -Pre-post-

姿勢矯正について

タイプ2 サブラクセーションの矯正意義は、
ただ姿勢を美しくするだけでなく、健康を取り戻す事にあります。

また一度姿勢を美しくしておくと、その効果は非常に長い間継続し、
反対に悪い姿勢を放置すると、姿勢はどんどん悪くなることは、
信頼できる研究論文によって証明されています。

このページの先頭へ

猫背について

正しい姿勢の位置 理想的な側面の姿勢を持つ人は、左図のように、
地面と直角の位置から上に伸びた線が

外踝(外くるぶし)

膝の中心

股関節の中心

肩のやや前方

外耳孔(耳の穴)

と、続きます。

このページの先頭へ

例えば、
頭が肩より少し前方に出ただけで、肩は後方に下がって上半身のバランスをとり、
「猫背」を形成していきます。

猫背の構造

「Forword Head Posture」
頭部が前方に出てしまった姿勢のことです。

「猫背」は上記のように様々な痛み・症状と直接的な関係があります。

また、重心が前に傾くことで、上半身は腰のあたりの筋肉によって支えられる事になり、
「慢性的な腰痛」「骨盤のゆがみ」の原因になることも多く報告されています。

歪んだ姿勢と正しい姿勢

下記は実際に姿勢矯正“タイプ2サブラクセーション矯正”によって、
「猫背」が改善された例を一部紹介します。

ケース1:20歳代  ケース2:30歳代  ケース3:40歳代~

このページの先頭へ